地球ゴージャスプロデュース公演 Vol.15「ZEROTOPIA」6月22日~6月24日 福岡サンパレス

スポンサーリンク

地球ゴージャスプロデュース公演 Vol.15「ZEROTOPIA」

2018年6月22日(金)~6月24日(日) 福岡サンパレスにて

岸谷五朗と寺脇康文による演劇ユニット「地球ゴージャス」。
「劇団」というスタイルにこだわらず、岸谷と寺脇以外のメンバーは固定せずに毎回ゲストを迎えて公演するプロデュース公演を続けている。

一糸乱れぬ群舞
圧倒的なコーラスワーク
激しいアクション
コメディの要素を取り入れた芝居…
これぞ、THEエンターテインメントといった岸谷の演出と様々なゲストとのコラボレーションは毎回大きな話題を集め、大成功を収めている。

15作目となる新作は「ZEROTOPIA(ゼロトピア)」。
沈没した豪華客船から必然的に生き残った男女が待ち受ける運命は、地図に載っていない辿りついた島を起点(ゼロ)としてユートピア(理想郷)へ向かうのか、ディストピア(地獄郷)へ向かうのか…。
心の奥底に巣食う闇を抱えて生きてきた彼らに押し寄せる巨大な陰謀とは…。

「生」という普遍的なテーマを題材に、地球ゴージャスならではのエンターテインメントで挑む新作公演に乞うご期待!

大きな大きな船が沈んだ…
生き残った人間たちが辿り着いたその島は
地図に無い…色彩も無い…島だった。

目覚めると…気がつくと…意識を取り戻すと…
そこは島であった。
感覚が…おかしい。
五感が…変だ。
確かな事は…自分は、島にいる。

そんな感覚に取り憑かれ、島を見渡しているのは自分だけでは無かった。
何人かの人間が島に生きていた。
否、生き残っていた。

彼等は自分と同じ豪華客船に招かれた人々。
沈むはずのない客船が沈んだ。

打ち上げられた数名の命・・・男と女。
彷徨い徘徊している内に出逢いを重ねる人々。

罪を隠す女
恨みを隠す男
悲しみを隠す男
狂気を隠す女
何も隠さない男
そして、企みを隠す男…

一つ一つ剥き出しになっていく彼らの隠された過去。
そして、彼等は知る。
この島に流れ着いたのではなかった…。
客船は沈没したのではなかった…。
「俺達は、沈没させられ!流れ着かされたのだ!この島に!」

この島は、色を失った、地図にない島。そして、大きな大きな…陰謀渦巻く島。
彼らは、なぜ、集められたのか。
心の奥底に巣食う闇を抱えて生きてきた彼らに、魔の手が近付く…。

[adsense]

スポンサーリンク

公演情報

キャスト

柚希礼音
西川貴教
新田真剣佑
宮澤佐江/花澤香菜(Wキャスト)

藤林美沙
原田薫
大村俊介(SHUN)
水田航生
植原卓也

岸谷五朗
寺脇康文

スタッフ

【作・演出】岸谷五朗
【演出補】寺脇康文

公演日程

2018年6月22日(金)18:30(Wキャスト:宮澤佐江)
2018年6月23日(土)12:30/17:30(Wキャスト:花澤香菜)
2018年6月24日(日)13:00(Wキャスト:宮澤佐江)

※開場は開演の30分前

料金(全席指定・税込)

S席 ¥12,000
A席 ¥10,000
B席 ¥8,000

※未就学のお子様はご入場いただけません。ご了承ください。
※車イスでご来場予定のお客様は、予めご購入席番を下記キョードー西日本にご連絡ください。
※駐車場はございません。お車でのご来場はご遠慮ください。

チケット取扱

【ローソンチケット】
0570-084-682 (Lコード不要)【4/7(土)10:00~18:00のみ特電】
0570-084-008 (Lコード:82967)
0570-000-407 (オペレーター対応 10:00~20:00)
http://l-tike.com/chikyu/
ローソン・ミニストップ店内Loppiで直接販売
【チケットぴあ】
0570-02-9901 (Pコード不要)【4/7(土)10:00~23:30のみ特電】
0570-02-9999 (Pコード:483-114)
http://w.pia.jp/t/cg/
セブン-イレブン、サークルK・サンクスで直接販売
【イープラス】
http://eplus.jp/chikyu/
ファミリーマート店内Famiポートで直接販売

※0570から始まる電話番号は一部携帯電話・PHS・CATV接続電話・IP電話からはかかりません。

公演情報詳細

地球ゴージャス[CHIKYU GORGEOUS]
https://www.chikyu-gorgeous.jp/

[adsense]

ひとこと
毎回、地球ゴージャスの公演はどんなキャストになるのか、楽しみなのですが、今回も、俳優・ミュージシャン・声優・ダンサーなどが集うとってもバラエティに富んだ顔ぶれですね。
エネルギッシュな舞台になること必至だと思います。
舞台から届けられる圧倒的なエネルギーを身をもって感じられるのが楽しみですね!