福岡を中心としたエリアの演劇やミュージカルに関する情報をまとめています

福岡の演劇・ミュージカル情報

ミュージカル

ミュージカル「マリー・アントワネット」9月14日~30日 博多座

投稿日:

ミュージカル「マリー・アントワネット」

2018年9月14日(金) から 9月30日(日) 博多座にて

脚本・歌詞をミヒャエル・クンツェ、音楽・編曲をシルヴェスター・リーヴァイが、手がけた最高傑作「マリー・アントワネット」。
世界各地での上演を経て、再び日本で上演です。
クンツェ&リーヴァイは「エリザベート」や「モーツァルト!」などでも知られる大ヒットメーカー。
そして、演出は今回新たにロバート・ヨハンソンが手掛けます。
世界各国の公演を経てどのように成長・進化を遂げたのか、そして、新しい演出によりどのように生まれ変わるのか。期待が高まります。

2人の「M.A.」-虚飾に満ちた生活を送るフランス王妃マリー・アントワネットと、貧しい境遇から弱い人々を助けるために立ち上がった娘マルグリット・アルノーの対立、そして、マリー・アントワネットとフェルセンの悲恋。
二つの軸が「100万のキャンドル」を始めとした珠玉の名曲の数々と共に新たに生まれ変わる-

今回の公演は、福岡、東京、愛知、大阪にて上演されます。
福岡・博多座から幕開けです!

スポンサーリンク

公演情報

キャスト

【マリー・アントワネット】花總まり、笹本玲奈
【マルグリット・アルノー】ソニン、昆夏美
【フェルセン伯爵】田代万里生、古川雄大
【オルレアン公】吉原光夫

【ルイ16世】佐藤隆紀、原田優一
【レオナール】駒田一
【ローズ・ベルタン】彩吹真央
【ジャック・エーベル】坂元健児
【ランバル公爵夫人】彩乃かなみ
 他

スタッフ

【脚本・歌詞】ミヒャエル・クンツェ
【音楽・編曲】シルヴェスター・リーヴァイ
【演出】ロバート・ヨハンソン(遠藤周作原作「王妃マリー・アントワネット」より)

公演日程

2018年9月14日【初日】~2018年9月30日【千秋楽】

観劇料(税込)

A席 15,500円
特B席 12,500円
B席 9,500円
C席 5,000円

公演情報詳細

スポンサーリンク

ひとこと
2006年に初演された時にマルグリット役として出演された笹本玲奈さんが、今作ではマリー・アントワネット役として出演されます。マルグリットとして生きた笹本さんがどんなマリーを見せるくれるのか、楽しみですね。

-ミュージカル
-, , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© 福岡の演劇・ミュージカル情報 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.