NODA・MAP「贋作 桜の森の満開の下」10/25~10/29 北九州芸術劇場

スポンサーリンク

NODA・MAP 第22回公演「贋作 桜の森の満開の下」

2018年10月25日(木)~10月29日(月)北九州芸術劇場 大ホールにて

野田秀樹が敬愛する作家・坂口安吾の「桜の森の満開の下」と「夜長姫と耳男」を主な下敷きとして、そこに幾つもの安吾作品のエッセンスを散りばめるという大胆なリミックスにより、唯一無二の壮大な戯曲を書き下ろした作品。
それが「贋作 桜の森の満開の下」です。

初演時には、溢れんばかりの才気で描かれた刺激的な作風に、瞬く間に多くの演劇ファンが心を奪われました。
作品は1989年の初演以降、1992年(劇団夢の遊眠社公演)、2001年(新国立劇場主催公演)と再演を重ね、さらに昨2017年には、八月納涼歌舞伎「野田版 桜の森の満開の下」として歌舞伎にまで生まれ変わるという、めざましい成長を遂げています。
今や、野田作品の中でも常に上演を熱望する声が最も高い、まさしく金字塔と言える作品にまで成長しました。
その「贋作 桜の森の満開の下」が、ついに満を持して、初めてNODA・MAP公演として甦ります!

野田は、演劇界最強の日本代表メンバーと共に、今までにない「贋作 桜の森の満開の下」を生み出し、日本だけにとどまらず、海外の観客をも桜の狂乱に惹きこむべく、さらなる高みを目指し、挑む決意です。

恐ろしいまでに妖しく、息を呑むほどに美しく。鮮やかなまでの満開の桜の下で幻想と狂気が咲き乱れる…。
NODA・MAP「贋作 桜の森の満開の下」を是非ご期待下さい!!

昭和が終わり、平成が始まった平成元年に、この作品は、初演された。そして奇しくも、平成が終わろうとする平成30年に、また上演される。この平成の30年間という時間が長いのか短いのかは、分からないが、この「贋作 桜の森の満開の下」は、私の中で、もはや古典になっている。ただ私は、よくスポーツ選手が「自分を賞めてあげたい」などと言うのを聞くと、こそばゆくなる性分である。だから、その意味での古典ではない。むしろ「自分を賞めてあげたくない」気持ちで、この自分の中の古典を、再演しようと思う。すなわち、アラを探し、若い頃の稚拙さと向き合い、挑みかかり、コテンコテンにしてやろうと思っている。
幸い、それにふさわしいこれ以上ないキャスト・スタッフに恵まれた。これでいいものができなければ、誰の目からも私だけが、悪い。というところにまで、今追い込まれているのが、辛い。…のが良い。

野田秀樹

スポンサーリンク

公演情報

キャスト

【耳男】妻夫木聡
【夜長姫】深津絵里
【オオアマ】天海祐希
【マナコ】古田新太
【ハンニャ】秋山菜津子
【青名人】大倉孝二
【赤名人】藤井隆
【エナコ】村岡希美
【早寝姫】門脇麦
【エンマ】池田成志
【アナマロ】銀粉蝶
【ヒダの王】野田秀樹

スタッフ

【作・演出】野田秀樹

公演日程

2018年10月25日(木)19:00
2018年10月26日(金)19:00
2018年10月27日(土)13:00
2018年10月27日(土)18:00
2018年10月28日(日)13:00
2018年10月29日(月)13:00

公演会場

北九州芸術劇場 大ホール

チケット(全席指定/税込)

S席10,000円
A席8,000円
サイドシート5,500円※

※25歳以下の方は、サイドシート3,000円にてご購入いただけます。(入場時要身分証)

一般チケット発売日

2018年7月28日(土)

チケット取扱

【北九州芸術劇場】http://q-geki.jp/
 093-562-8435(10:00-17:00 土日祝除く)
 店頭:プレイガイド窓口直接販売(10:00-19:00)

【チケットぴあ】https://t.pia.jp/
 0570-02-9999(Pコード:484-034)
 店頭:セブン-イレブン、サークルK・サンクス、ぴあ各店舗

【ローソンチケット】http://l-tike.com/
 0570-084-008(Lコード:85119)
 店頭:ローソンおよびミニストップ店舗(店内Loppi)

 ※託児サービス:定員あり / 事前予約制(公演日の7日前まで受付)/ 有料 TEL:093-562-2655

スポンサーリンク

公演情報詳細

NODA・MAP 第22回公演「贋作 桜の森の満開の下」公式Web
https://www.nodamap.com/sakuranomori/
よくぞ、こんなに名だたる役者さんを揃えられたな!というくらいスゴイキャスト陣ですね!
どう考えたって面白い舞台になることしか予想できません。
チラシや公式Webも本当にうっとりするほど美しいので、ぜひ、見てみてくださいね!
個人的には、ひびのこづえさんが衣装を担当されるというのもとても楽しみです!